NARUTO-ナルト-

モンスト~ひっぱってひっぱってストライク!!!~

水精の天女 テキーラ

【 うずまきナルト 】

火影を目指す本作の主人公。
体に九尾の妖狐を宿す。
落ちこぼれの忍だったが、様々な経験と修行を積み、
肉体的にも精神的にも大きく成長していく。

水精の天女 テキーラ

【 うちはサスケ 】

ナルトの親友でライバル。
「写輪眼(しゃりんがん)」という特有の術を有する
うちは一族の末裔。
第二部以降は抜け忍となる。
名前は三代目火影・猿飛ヒルゼンの父親の名から付けられた。

水精の天女 テキーラ

【 春野サクラ 】

はたけカカシが担当する第七班に所属するくノ一。
成績優秀ではあるが、一方で感情的かつ短気な一面があり、
「内なるサクラ」と呼称される。

水精の天女 テキーラ

【 はたけカカシ 】

9月15日生まれ。O型。忍者登録番号は009720。
好きな食べ物はサンマの塩焼きと茄子の味噌汁、
嫌いな食べ物は天婦羅と甘いもの。
第一部ではカカシ班を担当する教官

水精の天女 テキーラ

【 サイ 】

第二部途中から登場(アニメでは疾風伝第1話より登場)。
小隊長であるはたけカカシの戦線離脱により
配属されたカカシ班の補充要員で、
暗部養成機関【根】に所属している。
サイという名はカカシ班配属にあたりダンゾウに
与えられた仮称であり、本名は不明。

水精の天女 テキーラ

【 ヤマト 】

サイと同じく第二部から登場。先の任務での疲労により任務に
参加できないカカシの代役として暗部の中から選抜された。
五代目火影の綱手から「三代目在任の時からの暗部の
一番の使い手」といわれている。

水精の天女 テキーラ

【 自来也 】

伝説の三忍の一人。
三代目火影・猿飛ヒルゼンの弟子で、
本編の主人公うずまきナルトの師匠かつ名付け親。
ナルトの父である四代目火影・波風ミナトや
暁の長門の師匠でもある。

水精の天女 テキーラ

【 大蛇丸(おろちまる) 】

51歳。身長172cm。体重57kg。
自来也、綱手と共に「伝説の三忍」と呼ばれる。
元木ノ葉隠れの里の忍で、音隠れの里の創設者。
修行時代は自来也、綱手と共に後に三代目火影となる
猿飛ヒルゼンに師事していた。

水精の天女 テキーラ

【 綱手 】

「伝説の三忍」の一人で、初代火影・千手柱間の初孫。
医療スペシャリストとしてその名を轟かす。
忍一の怪力の持ち主。
五代目火影に就任する。

水精の天女 テキーラ

【 波風ミナト 】

四代目火影。 系譜としては自来也の弟子で、はたけカカシの師匠。 ナルトは木ノ葉の忍としては彼の孫弟子に相当すると共に、弟弟子でもある。 息子のナルトのへそには陽のチャクラを持った九尾を封印した。 享年24歳。身長179cm。体重66kg。

水精の天女 テキーラ

【 日向ヒナタ 】

本作のもう一人のヒロイン。
紅班の紅一点。日向一族宗家当主・ヒアシの嫡子のくノ一。
幼少期からナルトに好意を持っており、
自らの信念もまたナルトの強い影響を受けており、
“まっすぐ自分の言葉は曲げない”ことを忍道としている。

水精の天女 テキーラ

【 奈良シカマル 】

下忍の頃から、父親から受け継いだお揃いのピアスをつけており、
中忍昇格後はアスマから新たなピアスを貰い、
それぞれの子供が忍になった時にそれを託すことになっている。
「めんどくせぇ」が口癖で、常にやる気のなさを丸出しにしている。