銀魂

モンスト~ひっぱってひっぱってストライク!!!~

水精の天女 テキーラ

【 坂田銀時(さかた ぎんとき) 】

本作の主人公。頼まれた事は何でもやる万事屋のリーダー。
甘いものを定期的に取らないとイライラするほどの甘党。
普段は無気力、脱力の人だが、実は凄腕の侍。
元攘夷志士で「白夜叉」と恐れられた程の剣の達人だったが、
今では木刀しか使わない。
愛車はスクーター。

水精の天女 テキーラ

【 志村新八(しむら しんぱち) 】

父を亡くした上に、廃刀令による影響で完全に
廃れてしまった剣術道場の息子。
銀時に借金取りから姉を救ってもらったことから、
彼の魂を学ぼうと万事屋で働き始める。
人気上昇中のアイドル・寺門通ちゃんの
親衛隊の隊長という一面を持つ。

水精の天女 テキーラ

【 神楽(かぐら) 】

本作のヒロイン。宇宙最強の戦闘民族「夜兎族」の少女。
江戸に来れば大金がつかめるとはるばる地球へやっては来たが、、
ヤクザの用心棒をさせられていた。
それが嫌になって逃げ出したところ、銀時に出会う。
故郷に帰る為のお金を貯めるため、
万事屋の押しかけバイトとなる。
可愛い顔をしているが、大食らいで乱暴、毒舌。

水精の天女 テキーラ

【 定春 】

神楽が拾ってきた、犬のような巨大宇宙生物。
よく人に噛み付くが、神楽が力でねじ伏せていることにより、
ペットとなりえている。

水精の天女 テキーラ

【 志村妙(しむら たえ) 】

新八の姉。美しい容姿とは裏腹に、性格はけっこう凶暴。
財政の厳しい道場を支えるため、
現在はキャバクラで働いている。
客として来た真選組の局長・近藤から、
執拗に結婚を迫られている。
本人いわく「卵料理が得意」とのことだが料理の腕は壊滅的で、
何を作っても「ダークマター(暗黒物質)」と化してしまう。

水精の天女 テキーラ

【 近藤勲(こんどう いさお) 】

対テロ用特殊部隊、真選組の局長。
真選組を組織としてまとめ上げた人物で、
隊士からの信頼は厚い。
しかし新八の姉・お妙に惚れており、
たびたびストーカー行為をしている。

水精の天女 テキーラ

【 土方十四郎(ひじかた とうしろう) 】

クールな真選組副長。局中法度を定め、
ひとたび刀を抜けば「鬼の副長」と呼ばれ、
テロリストはもちろん隊士たちからも恐れられる男。
ヘビースモーカーで重度のマヨラー。
妖刀「村麻紗」によって生まれた第二の人格
「トッシー」に支配されたことも。

水精の天女 テキーラ

【 沖田総悟(おきた そうご) 】

真選組随一の剣の使い手。
爽やかな外見に反して、腹黒い内面の持ち主。
バズーカを愛用し、副長の座を狙っている。
なにかにつけては職務をサボろうとする。性格はドS。

水精の天女 テキーラ

【 桂小太郎 】

かつて銀時たちと共に攘夷(天人との戦)で活躍し、
現在も天人を打ち払い再び侍の国を立て直そうとする、
攘夷派過激浪士。愛称はヅラ。

水精の天女 テキーラ

【 高杉晋介 】

天人が支配する世の中を敵視し、
武装集団・鬼兵隊を率いてテロを画策する危険人物。
銀時や桂とは旧知の仲だが、
攘夷戦争後に袂を分かち現在に至る。
銀時や桂と同様、人を引きつける不思議な
カリスマ性を持っている男。

水精の天女 テキーラ

【 柳生九兵衛 】

先祖代々将軍家に仕えてきた名家、柳生家の御曹司。
お妙の許婚として彼女を迎えに来たのだが、
実は、男として育てられた女の子。
神速の剣の使い手で、一撃で土方の刀に
ひびを入れるほどの実力を持つ。

水精の天女 テキーラ

【 お登勢 】

万事屋の一階にあるスナック「お登勢」のママ。
ここの建物の大家でもあり、
銀時たちの家賃滞納に手を焼いている。
口が悪く、家賃の取り立ても厳しいが、
悪い人間ではない。

水精の天女 テキーラ

【 キャサリン 】

スナック「お登勢」で働く、出稼ぎ天人。
ネコ耳がまったく似合っていない。
かつて宇宙盗賊・キャッツパンチだった過去を持ち、
ム所でおつとめの経験もあり。