あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

モンスト~ひっぱってひっぱってストライク!!!~

水精の天女 テキーラ

【 宿海 仁太(やどみ じんた)| じんたん 】

主人公。秩父市立緑ヶ丘第三中学校卒。
かつては幼馴染達のリーダー的存在だったが、
ある日自分が芽衣子に照れ隠しで心にもない言葉を
吐いて逃げてしまった後、芽衣子が死んでしまい、
自身の心に深い傷を負うことになってしまう。

水精の天女 テキーラ

【 本間 芽衣子(ほんま めいこ)| めんま 】

ヒロイン。
ロシア人の血を引く母イレーヌから
受け継いだ銀髪碧眼と白い肌から、
儚げな印象を与えるクォーターの少女。
天真爛漫な性格で、超平和バスターズの
マスコット的存在であった。
幼い頃の夏のある日に川に転落して亡くなり、
その出来事が超平和バスターズのメンバーそれぞれに
心の傷を与えている。

水精の天女 テキーラ

【 安城 鳴子(あんじょう なるこ)| あなる 】

仁太と同じ市立緑ヶ丘高校に在学している。
高校進学後、見た目は派手になっているが、
子供の頃と同じくゲーム好きで
ゲームショップでアルバイトしている。
男性に免疫がない。

水精の天女 テキーラ

【 松雪 集(まつゆき あつむ)| ゆきあつ 】

仁太の第1志望だった王大付属高校に通っている。
学業の成績は学年2位と優秀。
校内の一部の女子にはモテる模様。
負けず嫌いな性格で、幼い頃から芽衣子に好意を、
仁太に対抗心とコンプレックスを抱いていた。

水精の天女 テキーラ

【 鶴見 知利子(つるみ ちりこ)| つるこ 】

大人っぽい性格で、趣味は読書。
集と同じ高校に通っている。
集に追いつくために学業に励み、
学年4位の成績を修めている。
他人を気にしないそぶりだが、
内心ではかなり気にかけている。

水精の天女 テキーラ

【 久川 鉄道(ひさかわ てつどう)| ぽっぽ 】

幼い頃は小柄でクラスでは『みそっかす』だったが、
仁太達に仲間に入れてもらった後は、皆の弟分となった。
現在は立派に成長して偉丈夫になったが、
高校に進学せずアルバイトで稼いだ資金で
世界中を放浪しており、日本では超平和バスターズの
秘密基地だった家屋で暮らしている。

水精の天女 テキーラ

【 宿海 篤(やどみ あつし) 】

仁太の父親。
家に引きこもる仁太にも気さくな態度で接している。
息子を含め可愛いものを見ると
「可愛い〜」と茶化す癖があり、
仁太にも咎められている。

水精の天女 テキーラ

【 宿海 塔子(やどみ とうこ) 】

仁太の母親。故人。
レーズン入りの蒸しパンを作るのが得意で、
よく超平和バスターズのこどもたちに振舞っていた。
仁太と同じく左利き。

水精の天女 テキーラ

【 本間 イレーヌ(ほんま イレーヌ) 】

芽衣子の母親で、ロシア人のハーフ。
芽衣子の死を現在でも引きずっている。
夕食に芽衣子の好物だったカレーを作った日は、
欠かさず仏壇に供えるなどしていた。

水精の天女 テキーラ

【 本間 聡志(ほんま さとし) 】

芽衣子の弟。
さー君」と呼ばれている。
姉である芽衣子を亡くし、
芽衣子の死を未だに引きずっているイレーヌと、
向き合おうとしない父の間に育ち、
スレた態度の内側に寂しさを隠している。

水精の天女 テキーラ

【 本間 学(ほんま まなぶ) 】

芽衣子の父親。
当初は芽衣子の死から目を逸らしていたが、
後に家族と共に過去と向き合いながら
前に進むことを決めた。